お金持ちに向いていない

おはよう。
あなたも私も、今日も絶対いいことあるっ☆

お金を持っているというのは本当に「正」か?

池袋の地下道のロクシタンの前を通った時、そんなことを思った。

お値段高めなハンドクリームが有名なロクシタン(庶民向けかもしれないけど)
なんか違和感を感じたんだ。

  • 東京の大丸
  • ハイブランドショップ

にも違和感がある。

もしかしたら私は、芯がお金持ちに向いていないのかもしれない。
「みんなお金持ちを目指すべきだ」と資本主義は言うけど
壮大な洗脳なのではないか?

もちろんお金持ちに向いている人は

バリバリ仕事をするとか、資本家としてお金にあふれている、経営者向きの性格をしている、など
お金持ちという状態が自然に感じる方は、全然その状態を否定するわけではないのであしからず。

自分がお金持ちに向いているマインドか、冷静に考えてみる必要がありそう。

つまらないことでお金を増やすのはどうなのか

資産運用がとりざたされてるけど、そのスキル、やってて楽しい?
というのを冷静に考えてみて。

資産運用の定石は「日経平均に沿う銘柄の投資信託に、何も考えずに定期的に投資する」
投資が無駄だと思う方は、これで十分。リスクほぼなし、リターンそこそこ。

元ネタはこちら。

(おもしろかった。セーター干しの網に靴下をばらまいて乾かすとかw)

ヒプマイの帝統くん(ギャンブラー)のような方なら、やってて楽しいだろうから、
趣味として、いいと思う。
趣味として否定してるわけでは全然ないよ。私は、他のことに時間を使いたいだけ。

どれくらいが自分にしっくりくるお金の量なのか

給料増やしてって思うけど、まあ、今困ってないなって。
とても少ないけど、お金使わない。ライブも行かないし。

(危機感がないだけかもしれない。)

メディアはもっと稼げと言うけれど
自分の適正量より多いと、苦しいかもしれないよ。

まとめ

  • お金持ちは万人にとっての正解ではない
  • 投資もやって楽しいかな?
  • 自分の生活のお金の適正量を考える

あとがき

昨日は『技術書典』という同人誌即売会に行ってきた。
2万以上使ったw

チェックしてた本は全部ゲット!

キャッシュレス生活で、コンビニでもスーパーでも余計なものを買わず
お金使わないな〜と思ってた矢先これだよ。

インカムの最大限お金を使っちゃうという、パーキンソンの法則ですな…。

仕事がんばろ。

ご清読、あざす☆

This entry was posted in 節約エッセイ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です