趣味のしすぎ

こんにちは。
あなたも私も、今日も絶対いいことあるっ★

歩きすぎてはいけない

ウォーキングが好きで、会社と家の往復で2時間以上歩くこともあるんだけど
どうやら歩きすぎはいけないらしい。

1日1万歩が目安というか閾値だな。

なんでもしすぎるといけない、という概念がなんとなく掴めてきた。

絵を描きすぎることができない

一日中絵を描いている人というのに憧れるけど、私は絵は、1日一定量しか描けなくなってしまった。

もともと一日中絵が描けなくて、美大に行かなかったというのもある。

Apple Pencil も全然芯が減らない。

絵で小銭が稼げるようになりたいという夢があるんだけど、自分の描きたい絵が必ずしも評価されるように世の中できてない。

みんな優しいから、「描き続けてね」と言うばかりで、自分が才能があるかわからない。
って書いてる時点で、自分がわかっていなくて、赤面だよな…。
誰に褒められなくても描いちゃうというのは、既に才能だ、という定義もある。

そもそも絵の才能というのは、そういうところじゃないか。
お金になるから才能がある、お金が発生しないから才能がないというところじゃないよなあ。

プログラミングに置き換えて考えると(私はプロのプログラマです)、サンデープログラマで、収益性ゼロのアプリを作ってる人が、才能ないわけじゃない。
ましてや、評価されないのに淡々とアプリを作り続けてたら、それは職業プログラマが尊敬する人だよな。お金にするのはビジネスのコツの問題だから。

なるほど。

趣味が絞れてきた

今まではいろんな分野を色々やりたくて、ある程度いろいろかじってきた。
その中で少しかじったけど楽しくないなとか、そういうのを排除した結果、残った趣味。

クリエイトする側になりたかったけど、消費者でいいやという趣味とか。
漫画とか音楽とか作る人になりたかったけど、アイデア出てこないし、クオリティもいまいち。消費者でいいやと。
でもかじってみないとわからなかった。

最近だと、レース編みと水泳は、やる前はモチベーションが高かったけど、やってみたら、無理してやってる自分に気づいた。
水泳、水の星座の人は向いてると言うけど、私は水風呂でいいや…。(笑)

まとめ

  • 歩きすぎは体に悪い
  • 仕事にしている(お金を稼ぐ)と才能があるは別の軸
  • 趣味が合ってるかはやる前はわからない。やってみて自分を観察することでわかる。

あとがき

最近、一人暮らしを極めてるな〜という気持ちになっている。

食事はオリジン弁当を使いこなして、栄養価はばっちり(ざっくり)。
オリジン弁当はサラダをちょっとずつ取って、一番小さな容器にちょうど入るくらいよそう。お肉の棚ではからあげ、揚げ豆腐、かぼちゃをよそう。
だいたい500円前後なので、コンビニ弁当だったらこの方が栄養価が高い。

みかん、バナナ、納豆、めかぶ、ヨーグルト、板チーズ、生卵(飲むw)は手間がかからない、ナチュラルな食材なので常備。

服はハンガーにかけないで積んである。人が来たときはしまう。
雑誌に「セーターはシーズン中に一回と、シーズン終了時に洗えばOK」とあって、真に受けている。

最近がんばってやった家事は、台所の排水溝と、お風呂の排水口が詰まっていたので掃除。

衛生観念がおかしいので、におわないとか、最低限の家事…。
アウトドア派の親も苦言を呈する衛生観念。(インターネットに書くことではない)

ためている家事は、

  • トイレ掃除、のためのトイレクイックルを切らしているので買ってからやる
  • 電気料金を、深夜に安い設定になっているのを、ずっと同じ料金にする設定にする(ログインして変える)
  • BroadWiMax のオプション1500円を無駄に払い続けているのでなくす
  • 洗濯
  • 椅子を机の近くに置けるように模様替え

めんどくさくて、ずっと放置していた家事…。
やります。

ご清読、あざす★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です