お金がないことは悪

こんばんは。
あなたも私も、今日もいい日だったね☆

TL;DR(忙しい方へ)

・お金がないから、他の不満が少なくて済んでる
・悪いところを受け入れてるとモテるらしい?
・お金がなくなった時、その生活困難 (実害) よりレッテルに殺される
・レッテルに殺されないように、その時は価値観をアップデートしよう
・火の車を楽しみたいです

お金がない

せっかくの貯金を使ってしまって、今、お金がない。
療養中で、インカムもない。
出世払いを言い訳に、親にお金をもらっている。。
アラサーちゃん一冊買うのにも、親に土下座をする(書籍名は伏せて)。

お金がないことは、不満点のひとつ

生きていればどんな人でも不満があるじゃん。
ひもじくないくらいのお金なら
他の不満よりはいい不満点なんじゃないかなあ。
人間関係の深い不満よりは。

これを受け入れる。
生きていることのうちの「へこみ」
を受け入れる。
「きたないところ」「悪い点」
を受け入れる。

悪いところを受け入れることをできる人間は
モテるというけど
わたしはモテないね、デブだからね!w

お金がない方が

将来ロボットが台頭してきたら、
金銭欲のないロボットに仕事を奪われたら、
お金の流通量が減って
必然的に「お金がない」人が増える。

でもその時は実は
お金がそんなに必要ない社会で
「お金を持ってない」という自己レッテルさえ
克服できれば問題ない。
そんな状態になっているひとが増える。

「お金を持ってない」というレッテルに殺される(自殺する)人もいるかも。
その価値観を、早々に脱せられるかっていう問題になる。

これを読んでいる貧困層の方へ

火の車を精神的に低コストでまわせる努力をしながら

生きてて良かったと思える
楽しいことを間に挟んで

それ以外はつらいなあと思いながらも
病まずに、ゆっくりできる時間を持ちつつ
落ち着いて楽しく
人生をプレイできたらいいかな。

自分に言ってるよ。

おわりに

暗いこと書いてたけど明るいこと書こう。

ちょっと前から、つけペンで絵を描いてるんだけど
とても楽しい!!

つけペンとは、漫画家が使っている
インクをペンにつけて描く文房具。

浦沢直樹の漫勉のロゴがつけペン。

これで描くと漫画家気分になれるwというのもそうかも。

一度つけペンから離れてたんだけど、
最近また使いだしたら楽しくて!

「わたし、イラストいつまでも下手だなー」
という自虐は封印する!
自虐自重〜〜
誰得(>_<)
うるさいし、ね。。

またイラストみてね。

ご清読、あざす☆

This entry was posted in 節約エッセイ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です